シングルマザーの
    派遣日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
那須旅行 その1
帰省中の出来事 その3

実家に帰省中、ババ、息子達、私の4人で那須へ行った。ここ数年の恒例行事。

旦那の仕事は約2週間前にならないと休みが確定しない(もちろん希望は通らない)ので、旅行なんて行けない。
そんな、孫を不憫に思うババが連れて行ってくれる。(費用はババもち)

この旅行、宿泊先がすごい。
去年、一昨年は同じホテルに泊まったのだけど、今年は同じグループの違う所(おおるりグループ

とにかく、宿泊料金が安い!4名1室利用(平日)4,725円。しかも、朝、晩の食事つき。

このグループのホテル。とにかく、おばちゃんやジジ、ババに人気があって、関東の各地から無料送迎バスまで出ている。

一昨年、初めて行った時、すでにババは何度か行っていたんだけど、正直

「4,725円でまともな食事が出るのか?お化けが出そうな建物だったらどうしよう・・・」

とかなり不安いっぱい・・・

でも、行ってビックリ!
どうやら建物は立ち行かなくなったホテルを買い取った(借りてる)もので決して汚くない。温泉もサイコー。しかも、源泉かけ流し!!

食事も豪華って訳じゃあないけど、この値段でこの食事を出して「従業員の給料は払えるのかしら?」と思うようなもの。ちなみに、味は普通(^^;

(ババ曰く、那須のおおるり山荘が1番おいしいとの事)←ほとんどの所に行っている。

去年までは「塩原」に行っていたんだけど、子連れだと遊ぶ場所まで遠いと言う理由で、今年は「那須」のおおるり山荘へご宿泊(去年は予約が取れなかった)

交通手段はババの愛車(もちろんババ運転)
無料送迎バス利用もいいんだけど、子連れだと荷物が大変なのと、行ってから遊びに行くのに不便なので去年からは自家用車で行っている。

朝、7時ごろ出発!
事前の下調べで高速の時間帯割引があるのを発見!(ババの車はETC装着済み)
出発の時間帯から考えると「通勤割引」が使える。
5割り引きだぁ〜と張り切って入る所から100km以内のインターを探し、100km手前で1度出てみる。

・・・ETCだと割引になった実感がない(−−;

渋滞に巻き込まれながら(事故渋滞)5時間近くかかって到着!(通常3時間くらい)

わ〜い♪避暑地だぁ〜涼しい・・・!!涼しくないじゃん。
いずこも猛暑なのねぇ〜

ホテルに行くのにはチト早いので、途中にあった「南が丘牧場」へ立ち寄った。

人も車もいっぱ〜い!
あんまり牧場って感じがしないなぁ〜って言うのが正直な感想。
お土産屋さんにちょろっと動物がいる感じ・・・

息子達が食いついたのが「マス釣り」
貸し竿を借りて、釣った魚を自分で焼いて食べるシステム。
釣ったら全部買い取りなので余分には釣れない。

あっという間に釣れた・・・人数分4匹。

網ですくった方がまだ難しいんじゃないか?と思うほどあっという間でしたよ(−−;

さばくのと串刺しはお金を支払う所でやってもらい、焼くのはもちろんババ。(私は信用されていないのでやらせてもらえない)

焼いている間に息子達は「動物ふれあい広場」へ。
ここももちろんお金取られますよ!ただ、サービスエリアとかで無料券がついている広告?があるのでもらうと吉。
ここに入らなければ、動物と触れ合う場所はない(たぶん)
アレルギーな私は遠くから眺め、息子達を行かせる。

お魚が焼けて息子達を迎えに行くと雲行きが怪しい・・・

「急いでたべろぉ〜」と号令をかけつつマスにかぶりつく。

♪♪ウマウマ♪♪

ババが汗だくになって炭火で焼いた甲斐もあり、すんごくおいしい♪
去年も違う所でマス釣りをやって食べたんだけど、去年のとは比較にならないほどおいしい(^^)なにが違うんだ?ババの愛情か?

ちょうど、食べ終わる頃には雨がポツポツと降り出し、雷もゴロゴロ。

「急いで車に戻るよ〜」

と歩き出し、駐車場一歩手前でどしゃ降り!

お土産屋さんの軒下で雨宿り。ババが傘を持っていたので車を取りに。。。
近くまで車を持って来られたので、ほとんどぬれずに乗車。

山の天気は変わりやすい。
この天気の急変に旅行中ずっと悩まされる。


                        つづく・・・


                          ポチッと↓                                        
                          blogランキング
Posted by : なり | 2005’夏! | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0)
スーパー銭湯 2
帰省中の出来事 その2

そんなわけで(スーパー銭湯 1参照)銭湯通いをしたのだけど、スーパー銭湯にはそりゃあもう色々な人がいて楽しい(腹が立つこともあるけど)

そもそも、あまりお風呂が好きでない(普段はシャワーのみ)私も、ここは人間観察をしているので苦にならない。

シャワーの浴び方1つをとっても人それぞれで、周りに迷惑をかけないようにそおっと浴びている人もいれば「ここは家の風呂じゃない!」と思わず注意をしたくなるような人も。。。

備え付けのボディーソープ&シャンプーを十数回分使って泡だらけになっている人や、椅子に座っている間中シャワーを出しっぱなしの人。
家では絶対にやっていないだろうなぁ〜お金払って入っているから元を取るつもりなのか・・・?

子供を見ていると、さらに色々な事が見えてくる。
小学1年生くらいの子でも、周りに迷惑をかけないようにシャワーを使い、きちんと後始末をして、脱衣所に行く時もタオルで軽く拭いてから出て行くキチンとした子もいれば、6年生くらいで髪の毛も結ばず湯船の中で泳ぎ、ビチョビチョのまま脱衣所に行ってしまう子もいる。

こんな子の親を見てみると、きちんとした子の親はやっぱりきちんとしていて、人の迷惑を考えない子の親はやっぱり子供と同じ様な行動をとっている。

そんな姿を見ていると、人間って年齢じゃないんだなぁ〜普段いかにきちんと育てられているかなんだと思ってしまう(私も気おつけなければ・・・)

一糸まとわぬ姿、だからこそ見えるものが沢山ある。そんな公衆浴場。


                         ポチッと↓                                        
                          blogランキング
Posted by : なり | 2005’夏! | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0)
スーパー銭湯 1
帰省中の出来事 その1

8月5日から自分の実家&旅行に行っていたのだけど、その間、家風呂には一度も入っていない。

実母であるババちゃんは、大の風呂好き。
普段も家の風呂にはほとんど入らず(年に数回)ほぼ毎日、スーパー銭湯通い。
彼女のバックの中には数件のスーパー銭湯の回数券が常備されていて、その日の気分によって色々な銭湯を渡り歩いている。

それは、私達が行っていても変わりがない。
夜になると、まるでトイレにでも行くかのようにスーパー銭湯へ。

最近変わった事と言えば「にいに」が1人で男風呂に入るようになった事。

大抵の銭湯は8歳〜10歳までの男の子が女風呂への入浴が可なのだけれど、「にいに」は小学校3年生@8歳だけど、身長が140cmを越え、体重は36kg。小学校5年生の平均の体格をしている。
中身は8歳だけど、見た目は11歳。。。
母も悩むとこだけど、周囲の心配を考えると(気にする女の子のお母さんもいるだろう)GWのときに「女風呂は限界」と「にいに」に言い渡し、今年の夏からは男風呂へ。

1人で入るのは嫌がるかと思ったら、そこは風呂好きババの孫、私達が行くまでの間もババと2人で毎日、銭湯通い。
当然の様に「にいに」の方が先に上がるので、休憩所でババを待つ日々を送っていたそうな。

ババ相手にまるで「神田川」

私達が行ってからも、一人ぼっちで男風呂生活。
おふざけ「チビ太」も男風呂へ行くと行ったのだけど、私&ババに却下された。(「にいに」はおとなしいから良いけど、「チビ太」を親の目から開放するのは危険すぎる)

次回は、スーパー銭湯の人間模様を・・・


                         ポチッと↓                                        
                          blogランキング
Posted by : なり | 2005’夏! | 14:07 | comments(0) | trackbacks(1)
TOP